心と体にアプローチ

自律神経の不調やうつ症状に…

 はりあんでは、カウンセラーの経験を活かし、妊活と並び『自律神経の不調』や『うつ症状』に積極的に取り組んでいます。

 「よく眠れない・スッキリしない」
 「ずっと服用している薬を減らしたい」
 「会社を1ヶ月休んでいるが復職に不安がある」
 「最近、会社・学校を休みがち」
 「急な動悸・不安・パニック症状」
 「産後・子育てでうつっぽい」
 「おながにガスが溜まる」
 「下痢と便秘を繰り返す」など...

 学生さんから社会人・ご年配の方まで年齢性別を問わず、日常生活が大変だった患者さんが、少しづつ体調が良くなり生活を取り戻しています。

 最新の研究でも、痛みや症状、倦怠感がわずかに改善するだけでも、それがキッカケになり生活が改善に向かうことがわかってきました。

 大切なのは悪循環を断ち切るわずかなキッカケです。


 はりあんでは、経験豊富なカウンセラーが丁寧にあなたのお話に耳を傾け、やさしい"はり・きゅう"で体にアプローチします。

 話すことで心が和らぎ、自律神経から体がリラックスすることで本当の意味で心と体が安らぐことができます。




体がわずかにでも楽になれば
心も和らいできます

 患者さんの声

嬉しい報告

自分の意志では動かせない自律神経

自律神経の乱れはダイヤの乱れ

 体調がすぐれずにいろいろ病院に行っても原因が見つからないのは、カラダの臓器の問題ではなく、システム(自律神経)の問題かもしれません。

 自律神経は電車で言えばダイヤ。いくら車両(体)が丈夫でもダイヤ(自律神経)が乱れては運行は立ち行きません。

 自分の意志では動かせない自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスで成り立っていて、人体の活動にさまざまな影響を与えています。


 その大切な働きの一部を下の表に模式的にまとめました。




 上図は自律神経の働きのほんの一部ですが、生活をする上で大切な働きをしています。

 例えば、交感神経は主に日中に働き、副交感神経は夜間や休息時に活発になります。仮にこれが乱れるとなかなか寝付けないなど不眠の原因になることがあります。

 また冷え性などは、ストレスなどで交感神経の作用が継続的に強く働き、血管が拡張する機会が与えられず血管収縮が続き、血流が落ちることで冷えを感じるのかもしれません。

 それとは逆に血流は良くても、自律神経の不調で手足の汗がかきやすい状態で何となくいつも湿りがちな場合は、結果として汗で冷えて冷たくなっているのかもしれません。

 消化管の働きも自律神経と密接な関係があります。最近話題になっている腸内環境は非常に大切です。しかし食事を工夫しただけでは下痢や便秘を改善できない場合もあります。交感神経と副交感神経のバランスを整えることで食事の工夫の成果が現れてくるかもしれません。

■マイクロバイオーム(常在細菌が行う生命活動)

 腸内環境を示す言葉として腸内細菌叢や腸内フローラなどが使われますが、最近ではそれよりもマイクロバイオータ(微生物)やマイクロバイオームなどが適切になってきているようです。

 腸内環境の研究が進むほど、現代病への影響を示唆するデータが次々と出てきています。肥満、喘息、食物アレルギー、花粉症、アトピー性皮膚炎、糖尿病、自閉症、クローン病、潰瘍性大腸炎など広範囲に影響が及んでいると考えられるようになっています。


参考書籍:アマゾンにリンク

  あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた

  抗生物質と人間―マイクロバイオームの危機 (岩波新書)

 もちろん全ての原因を自律神経にすることはできません。まずはきちんと病院で原因を探ることが非常に重要です。

 しかし、病院に行ってもこれと言った原因が見つからない場合は、自律神経の乱れも疑い、運動や食習慣に加えて鍼灸を取り入れてみるのも良いかもしれません。

 はりあんでは、経験豊富なカウンセラーが丁寧にあなたのお話に耳を傾け、やさしい"はり・きゅう"で体にアプローチします。



 考えているだけでは何も変わりません!

 過去は変えられませんが、未来は行動で変えられます!

 まずはご相談ください。

 Tel 025-231-2929

症例

うつ病の例
[ ひとこと ]

鍼灸がうつ病に??と思っている方も多いと思います。
はり治療によって、自律神経が調整されることで、ホルモンの分泌が促されます。 また、カラダが楽になることで活動的になり、日に当たるチャンスも増えて運動療法も導入しやすくなります。

属性
50代 女性
主訴
うつ病に伴う症状(動悸・不安感・手足しびれ・こわばり・発汗)
状況

心療内科でうつ病と診断され、仕事をしながら抗うつ剤を服用したが一ヶ月後に休職。 休職から2週間後、安静にしていても改善がみられない為、当院に来院。

来院の半年前にプレッシャーのかかる仕事をしておりその仕事中に耳が詰まった感じになる。その後、耳鼻科にてメニエールと診断される。 仕事をしならがクスリによる治療を続けるが、更に仕事が忙しくなり、二ヶ月前に症状が悪化。 動悸も起こるようになる。 心療内科(メンタルクリニック)でうつ病と診断され抗うつ剤を服用することになった。

結果
週に1回の治療を5回、6週間後に(多少不安はあったものの)職場に復帰されました。
詳細

1回目
問診でうつ病の症状の他、腰痛、のどの渇きもあるとのことでした。鍼灸治療後、汗をびっしょりかいて少しスッキリした様子で帰られました。

2回目
前回の治療後、1日は頭がスッキリして腰の痛みも和らいだが、その後、徐々に元に戻っていったとのこと。

3回目
子供の進路が心配で動悸が増したが、それ以外は楽になってきて、激しい不安感はなくなった。(多少の不安はある)

4回目
動悸が減ってくる。不安はあるが、自分でも復職した自分がイメージできるほどになった

5回目
まだ、時々めまいがするが、体力も回復してきて、復職日に向けて体と気持ちの準備ができたと思う。


 うつ病と鍼灸もいろいろと研究がされています。抗うつ薬との併用でも効果を示している研究論文もあります。

女性のうつ病への鍼療法 [PubMed]

[2018 Apr] Acupuncture for female depression: a randomized controlled trial

 当該論文の結論:抗うつ剤と組み合わせた鍼療法は、女性のうつ病に安全で効果的。

過敏性腸症候群の例
属性
30代 男性
主訴
お腹がゆるくなったり、便秘になったりスッキリしない
状況

3ヶ月前から便がゆるくなりお腹の調子が良くない。胃カメラをしたが問題なし。耳鳴りもあり、静かな場所にいると左右に高い音を感じる。1週間前に内科で「過敏性腸症候群」と診断された状態で来院。

半年前に職場での担当が変わったのことが要因のひとつとではないかと自分では考えている。

整腸剤を飲んだり、食事に気を付けているが改善しない。

結果
週に1回の治療を2回、その後2週に1回の治療を3回。2回目の治療から便のゆるさが落ち着いてきて、5回目には、たまに便秘気味なるものの便のゆるさはほぼ寛解。
詳細

1回目
1回目の治療の後、2-3日して気付いたら耳鳴りをあまり感じな無くなっていたとのこと。

2回目
改善方向だったので、同じような治療を継続。運動や食事も簡単に指導。

3回目
お通じが3日間でないときもあるが、便のゆるさが気にならない程度になった。

4-5回目
たまに便秘になるが便はゆるくなくお腹の調子に対するストレスがなくなった。よってひとまず治療終了。