四十肩・五十肩と腕の痛みの例

はりあん

四十肩・五十肩は、「痛くて動かさないと、肩周辺の関節が更に固くなり、ますます動かなくなる」 という悪循環におちいりやすい疾患です。
ご高齢の方は(若い方もまれに)、腱板断裂(or損傷)の場合もありますので、 まずは、整形外科などでしっかし診断してもらいましょう。
しばらく病院に通院しても改善しない場合は、”はり・きゅう”もご検討下さい。
断裂などがない場合、1、2回の施術でも状態が改善されることもめずらしくありません。

四十肩・五十肩の早期改善のポイントは、鍼灸施術で痛みが緩和し、筋肉が緩んで動かしやすい状態になってきたら、積極的に『他動運動』をすることです。他動運動は当院でも指導しますので気になる方は来院時に質問してください😊

属性50代 女性
主訴五十肩・腕を上に挙げると痛くて完全に挙がらない
状況半年くらい前から、左腕を挙げると痛くて上まで挙がらない。腕が挙がらなくなった原因は不明。
半年前に病院に行ったが、特にレントゲン所見に問題はないと言われた。
痛みどめの注射をしたり、接骨院や整体にもしばらく通ったが改善がみられないので、(チョッと怖いが)仕方がなく”はり”を選択…。当院に来院。
結果週1回の鍼灸施術を4回の行い、90度(地面と水平)しか挙がらなかった腕が160度くらいまで挙がるようになった。
詳細■1回目
はりの直後は痛みが緩和したように感じるが、腕の挙がり方は来院時と変わらない。
■2回目
前回のはりの直後は、一時的に痛みが緩和されたが、その後も腕の挙がりは変わらないとのこと。2回目も前回と同様にはり施術。 今回は、はり施術の後に、筋肉が緩み、かつ痛みが緩和した時に、簡単な他動運動をするように指導。
■3回目
他動運動をしたら、可動域が少し上がり120-140度まで挙がるようになったが、そこまで挙げると腕に痛みが出る。
■4回目
前回の施術の後、更に他動運動をつづけたら160度まで挙がるようになった。それ以上挙げると痛いらしい。 今後、他動運動を自分で続けるとのことで通院は終了。